2017年10月27日 (金)

どうせ、西の方でだけ賑やか・・・ええーっ!?

高知のレポで力尽きて

 
1ヶ月以上も更新しないうちに
 
野球は・・・って言ったら
 
アメリカはすでにワールドシリーズ
 
日本は・・・って言ったら
 
清宮さんはファイターズ。
 
で、日本シリーズは・・・って言ったら
 
今年もどうせ、中国地方と九州地方で
 
遠ーくの方で、何やらもぞもぞやるんでしょ?って
 
思ったら、なーーーんと
 
 
横浜で!
 
 
ハマスタで!
 
 
 
日本シリーズっすか?!
 
 
地域的なバランスはこの方がとれる。
 
ついでに、ドラフトでも周囲を仰天させているらしいし
 
この勢いでシリーズも、頂きっ!!と行きたいですネ!!
 

2017年9月21日 (木)

旅屋2017Ⅱ⑥~最後の夜は、勝利で

球場に着いたのは、試合開始から40分後

いずれにしても序盤だろうと思っていたら

早くも3回の攻防。

相手は、香川オリーブガイナーズ

Img_4378bl


香川の先発投手は左腕。

Img_4380bl

 

ストルザルカ投手。

外国人投手も活躍。

しかし、どことなく名前もそうだが

野球が盛んな国の人なのか?と思い

後でホームページをたどると・・・

ポーランド出身とあった。

 

今や、グラブとバット引っさげて

野球ができる場所ならば

国境越えてどこへでも・・・の時代なのだな。

試合そのものは、派手に打ち合うこともなく

両チームの投手がよく投げたといって良く

引き締まった試合経過で

スコアは3-1

 

Img_4386bl

前日とは一転

ホームチーム、高知ファイティングドッグスの勝利!!

せっかく、遠路はるばる観戦に来たのだから

1つくらいは勝ってくれないとねぇ。

 

勝てば・・・

Img_4384bl

 

ヒーローインタビューもあり

丸山投手は、バースデイ登板を勝利で飾り

この後、手荒い(!?)祝福も。

 

試合の後は、恒例のファンとの交流タイムも

勝利を飾れば雰囲気もなお良い感じ。

 

マニーのバッティングを目撃できなかったのは残念だったが

勝利の華やぎを背に再びはりまや橋へ。

 

今夜は、余韻に浸る間もなく

郷土の味覚に舌鼓を打つ間もなく

高速バスの車中の人となり、夜が明ければそこは・・・。

2017年9月 4日 (月)

旅屋2017Ⅱ④~桂浜、行くぜよ

さて、明けて22日。

何せ28年ぶりの四国そして高知。
その時は、滞在数時間で
はりまや橋を通り
高知城へ行き、すぐ駅へ舞い戻り
さらに西を目指し、さらに予土線まわりで松山へという
展開だったと思う。
ならば・・・と今回は、桂浜を目指すことにした。
しかし、この日をどう過ごすかは
あの男’が帰ってしまったことで
プランだけは、アタマのなかでユラユラ~・・・と
 
1、思い切って、室戸岬か足摺岬のどちらかを目指す。市内へ戻る時間によっては
 野球観戦はパス。
 
2、朝早くのうちに高知を切り上げて、まだ高校野球開催中の甲子園球場に乗り込み
 大阪か神戸で過ごす。
で、残るは試合までは市内観光。夜は、野球観戦。
 
じたばたしても、しゃーない。次はいつとも知れないし・・・。
 
結局、高知市内にいることにした。
 
 
で、目指すとしたら
 
 
「そうだ、桂浜行くぜよ。」
 
 
ホテルを出て、高知駅北口のバスターミナルへ・・・。
 
しかし、次のバスが出るまでは40分ほどもある。
 
然らば・・・と、ここで撮り鉄の虫が疼いてきた。
 
入場券で入り込み、高知駅のホームへ。
 
Img_4374bl
 
よく見れば、こんなところにも
ファイティングドッグスの球団ロゴが。
 
せっかくの地域密着。もっともっと、盛り上げないとネ。
 
 
ところで、ワタシにとってJR四国は、なかなか普段は撮影の対象にできない。
 
岡山へ向かう特急「南風」を捉えることができた。
 
Img_4352bl
 
他に数枚、撮り終えると丁度良い時間に・・・。
 
 
 
バスは途中、メイン道路を外れ
 
軒をかすめて通るほどの住宅街の狭い道を抜け
やがて、太平洋岸の道路へ。
 
いったん、そこから外れて、やたらきついカーブの山越えをしたかと思ったら
 
そこが終点。
 
 
やって来ました。
 
 
Img_4354bl
 
桂浜!
 
この景色を目にする前に
 
すれ違った若いカップルの彼氏のほう
 
男「あのさー、龍馬は知ってるけどさー。」
 
女「うん。」
 
男「シンタローって、誰?」
 
こんなオトコ、振っちゃいなさいっ!!
 
 
坂本龍馬と同様に中岡慎太郎も覚えときなさいっ!
 
 
それはさておき
 
観光シーズンということもあって、それなりの人出。
 
夜の街の静けさを思えば
 
むしろ、ホッとするような。
 
Img_4355bl
 
監視員のオジサンが
 
「波打ち際に近づかないように~」とメガホンで呼びかけるも
 
やはり、浜辺にいるならねぇ
 
少しくらい良いじゃないってのが心情。
 
しかし、この景色を眺め、波の音を静かに聞きながら
 
時代の潮流に思いを馳せる・・・なーーんちゃって。
 
Img_4359bl
 
それにしても、今日は暑いなぁーと
 
手軽な涼を求め、アイスクリンを食した。
 
さらっとした舌ざわりと風味が爽やかだ。
 
 
 
そのまま、佇む時間も良いが、しかし
 
実際高知にいられるのは今日一日。
 
取り急ぎの土産物を調達し
 
再び、バスの車中へ・・・。
 
 
 
 
 

2017年8月29日 (火)

旅屋2017Ⅱ②~制球と球際

グランド前電停から、歩くこと10分ほど。

橋をひとつ渡って・・・

建物の影に隠れた裏側に

おーー、雰囲気雰囲気。

いくつかの出店とグッズ売り場。

ここは、高知市営球場。

高知ファイティングドッグス VS 愛媛マンダリンパイレーツ の一戦。

愛媛は・・・

Img_4327bl


 

試合前の選手紹介のところ。

河原純一監督は、現役のころは巨人でも投げていたあの人。

 

高知は・・・

Img_4330bl


左端で何となくそわそわしているように見えるのが

駒田徳広監督。

そう、あのプロデビュー満塁ホームラン

そして98年横浜での優勝メンバー。

あれから20年経って、高知でその姿を見るとは・・・。

 

実際のところ、もう少しスタンドの様子とか

撮ってみても良かったんだけど

野球観戦といったらアナタ、ビールでしょうよ。

ビール2杯+チューハイ1杯で

はーい、一丁あがり。

だってぇ、マニーがいないんだもん。

飲まなきゃ、やってらんねーぞーっ?!

しかし、1000円でネット裏の特等席、申し分なし。

 

Img_4332bl


投球練習にも熱が入ります。

 

しかし、試合の方は進むにつれ

ホームの高知はこの体たらく・・・

Img_4341bl


安藤選手のホームランが出たり

随所に良いところは見せていたものの・・・

Img_4345bl


高知観戦第一夜は、ホームチームの敗戦。

しかし、試合後は球場入口付近に選手が集結し

ファンとの交流タイムがあるというあたりは

いかにも地域密着型らしいサービス。

 

そんな、ささやかな賑わいを背にして

球場を後に・・・。

現地でなければ、見ることができない野球の第一夜の感想。

「投手のここ一番の制球力と野手の球際の粘りが課題だな。」

なーんて、もっともらしいことを言っておいて、また次回。

2017年8月28日 (月)

旅屋2017Ⅱ①~高知行くぜよ

高知へ行ってきました。

1989年の夏休み、JR四国ぐるり一周の旅をして以来

足を向けなかった四国へ乗り込みました。

 

そもそものきっかけは

高知ファイティングドッグス

”あの男”が入団し、うれしいことに

契約を延長してくれちゃったから。

”あの男”に浮かれているからと言って

別にそっちの趣味なんかではないが・・・

見たいっ!見たいのぉっ!

そのバッティングがぁっ!

 

男の名は、マニー・ラミレス

クリーブランド・インディアンス

ボストン・レッドソックス等々で

強打者として名を轟かせた、”あの男”であります。

 

しかし、悲報は突然にやって来ました。

オイラが飛び立つ4日前

右膝治療のため、帰国との報が!

 

一瞬、固まったものの

それでなくても野球そのものは大好物。

現地でなくっちゃ観られない試合を観てやろーじゃねーのーっと

すぐに気持ちの立て直しはOK。

 

で、8月21日の羽田空港

 

Img_4317


今回は、JALとANA 両天秤にかけて

出発時間と運賃安いチケットが残っている方ってことで

JALに決定。

 

Img_4316


南国高知へ一気に乗り込みます。

 

高知着は少し遅れたりして15:30を回ったが

どうも旅慣れたかつての自分じゃないのか

その後の予定を気にしたか

ミョーにゆとりのない自分は

高知空港でのフォトスナップを撮り損ね

その日の宿へまっしぐらと

高知駅前のひとつ手前

高知橋のバス停で下車してその日の宿へ。

 

ひとまず部屋で荷を解いて一息いれたら

もう時間は、17時近く。

「おっといけねぇ。時間がない。」と

ひとまず、歩いてほど近いJR高知駅前へ。

 

すると、いましたわ。

高知を代表する3大スターが。

しかし、ちょっとデカ過ぎねぇか!?とツッコみたくなるほどの

存在感は、時代を超えているんだから

良しとするしかないでしょ。

 

以下、どーんと

 

Img_4319bl


高知の3巨頭揃い踏みっ!!

平成の大物が束になってかかっても

この存在感なら、木端みじ~んですな。

 

この後、「とさでん交通」の路面電車に乗り込んで

乗り換えをひとつはさみ、グランド前電停を目指します。

そして、その場所は・・・。

2017年8月17日 (木)

想定の範囲内のような、でないような・・・

週明け、21日から久々にヒコーキに乗るぞーと

ウキウキモードに突入しつつあったところ

見事に出鼻をくじかれた衝撃のニュース。

 

それは・・・

 

Photo


つまり、この男のバッティング見たさに

高知を目指したわけだけどさ・・・。

故障かっ。

あり得ないことではないと

思ってはみるものの

ショックなこと、この上ない。

 

 

しかーし!!

 

かつて、サッカーJ2のホームゲーム目指して

新潟、山形、仙台、甲府と追いかけた勢いで・・・

四国のベースボール事情の一部でも

見届けて来ようじゃあないの。

 

おまけに四国上陸は28年振りのアタシ。

こんなことでもないと高知まで出向こうなんて

思わなかっただろうから

限られた時間を存分に使って

楽しんでやるぜよ~。

2017年4月28日 (金)

どうする?!5月中がリミット・・・

高知ファイティングドッグス

冗談でもなんでもなく、所属してプレーしている
契約内容が一部発表され
契約は7月までだが
高知でのプレーは5月いっぱいまでとの発表。
 
これでは、まるで期間限定プレミアムものの
商品を今がお買い得っ!買わなきゃソン損みたいなノリで
踊らされる消費者・・・みたいなもんじゃないか~っ。
 
と言うわけで、高知行きをマジで検討し始めたものの
現状はとってもリスキー。
仕事に穴は開けない手前
現実、試合当日に高知に向かい
翌朝には帰路につく強行スケジュール。
まずは、球場へ駆けつけたとしても
試合に出てくれなければ、意味がない。
スタメン落ちの上、代打でも出ませんでしたぁでは
落胆大きすぎる展開。
 
そして、もうひとつが・・・雨。
ハナっから悪天候なら諦めるのだが
 
移動中とか、現地に着いてから雨天中止とか
 
そんなことでは、踏んだり蹴ったりである。
ま、最も四国の地を踏むだけでも
1989年以来になるし
そうなったらなったで街歩きでも
楽しんじゃえばいいんだろうけど・・・。
 
で、ヤキモキしながら、結局
5月をやり過ごしてしまいそうだな、こりゃ。
 
夏からのマニーの去就は果たして・・・。

2016年6月16日 (木)

4257!!

やってくれました!!

日米通算ながらも、達成です!!

ピート・ローズを越えました

 

 

当のローズは何やら大人げないところを

さらけ出してはいるものの

それはそれとして・・・。

 

然らば・・・

 

この次は、メジャー3000安打で

盛り上がって、その後は

 

やってやりましょ~!

 

イチローさん、あっなったなら、できます。

 

MLB通算で4257安打!!

 

そうすれば

 

日米通算なら5000安打越え!!

 

叩き出しましょ、前人未到を。

 

これからも、応援したいよ。

 

 

そして、ピート・ローズさん

 

彼のことは

 

また、改めて綴るとしましょ。

 

2016年5月31日 (火)

そして、3000安打へ

2001年5月某日のセーフコ・フィールド

MLB1年目の姿を現地で観ていた。

 

Seattle2001


 

2016年、今もなおその歩みを止めないことは

ココロ、揺さぶられるネ・・・。

ローズ越え、そして3000安打、待ってるぜ。

 

2016年3月10日 (木)

トバク→クスリ→???・・・

紳士たるべき球団に絡んだ問題が止まらない。

記者会見は帰宅後にTVニュースで見たが

野球そのもののの、やり過ぎで知らなかったことが多すぎたんだろうか?と

思わざるを得ない。

 

自分がやっているスポーツ競技の歴史を紐解けば

まず、何をやってはいけないか

何をやったら、指を差されるか

それを通しても常識を理解できるはずだ。

 

トバクに関しては

MLBならブラックソックス・スキャンダル

そして、ピート・ローズ・スキャンダル

NPBでも、黒い霧事件という

教訓が残されている。

 

最近は野球界でも

新人研修のようなものが

行われているようだが

それもどこまでのことなのか。

 

5人目の噂も報じられているようだが

他球団はどうなのか?

 

そして、今季のルーキーたちが

人としても真っ直ぐにプロ野球での日々を

過ごしていってほしいと願う。

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ